スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
豪ドル売り
昨晩からのNY株の大幅下落により、東京およびアジア、ヨーロッパの株式市場も下落が見込まれる。

よって、リスク回避の動きから円買いが進むとみられる。

スポンサーサイト
【2008/05/21 08:37】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
豪ドルが上昇
豪ドルが上昇し、ここ1週間での高値を更新している。

先週末からの下落後から2/3戻しを実現してきた。この数日上値の重い展開が続いていたので、さらなる上昇が期待される。

上値の目処は、99円台乗せから、6日につけた99円中盤の突破が視野に入ってくる。
【2008/05/16 13:49】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
豪ドルが上昇
豪ドルが上昇している。

米ドル、ユーロが景気後退を示す発言や指標などにより下落している。

今後、さらに米経済の減速を示す指標が出てきはじめると、円高、ユーロ高ドル安になると考えられる。 

豪ドルも対米ドルに対しては上昇が考えられるので、タイミングをつかみたい。
【2008/05/16 09:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
利食い、手仕舞の判断基準
ポジションを持って、少し上昇すると、利食いしたくなる。

しかし、なるべく大きな利幅を確保したいのが本音である。

ただ、欲張りすぎると、下落が始まり、利幅がなくなるか、悪ければマイナスになってしまう。

ポジションを持っていると希望的な方針になってしまうことがある。

なので、持つ前のニュートラルな発想でトレンドやサイクル、ファンダメンタルズを見るようにしたい。


【2008/05/16 09:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
買い、売りのタイミング
ポジションを持つときや解消するときにどのような条件でアクションを起こしているだろうか。

例えば、方向性では買いたいが上昇するサインがでていないときにアクションを我慢して、値動きが落ち着いてから買うといった行動を取れるだろうか。

タイミングによって大きく値も異なることがあるので、うまく使いこなせるようになるようにしたい。
【2008/05/15 13:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
米ドルは上昇したが
昨日は、米小売売上高が予想以上の伸びだったことから、米ドルが上昇した。

ただ、さらなる買いの材料が見られないため、上値が重い展開となっている。

上値の重さを引き継ぐ形で豪ドルも上昇後、膠着状態となっている。

5月6日に付けた99円後半が当面の上値目標となりそうだ。

【2008/05/14 11:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トレンドが形成される要因
理想的なトレードの1つとして、トレンドにしたがったトレードがある。

トレンドをつかむと利幅は大きくなり、細かいことを考えなくても、時間とともに収益が上がるようになる。

では、トレンドが形成される要因には何があるだろうか。

テクニカルとしては、移動平均線やローソク足チャートの形状がある。

例えば、25日移動平均線に一定の方向感があれば、トレンドとして見なすといったものがある。

また、ローソク足では10日の中で8日上昇していればトレンドとして見なすなどがある。

ファンダンタルズでいくと、株式市場などで一定の方向感が出ると、連同性があるのでトレンドを形成することがある。
【2008/05/13 15:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
豪ドルが上値の重い展開
豪ドルが上値の重い展開になっている。

昨日は、円高傾向から一転し上昇したが、新たな材料がないことから、さらに買い進める展開とはなっていない。

ユーロが上昇していることから、米ドルも上昇してくると、さらに上値を探る展開になってくると考えられる。
【2008/05/13 14:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今週のトレードでの反省点
今週の豪ドルは、前半は上昇したものの、水曜日から3連続で下落となった。

そういった流れであるにもかかわらず、水曜日の夕方ごろから押し目買いをしていたため、マイナスとなった。

もっと市場の流れや勢いを見てトレードすべきと痛感した。
【2008/05/09 15:03】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トレンドを把握する
ポジションを持つときにどういったスタンスで判断するだろうか。

順バリ、逆バリ、さまざまなスタンスがある。
ただ、中長期のトレンドと反対のポジションを持つ気になるだろうか。

普通に考えると、トレンドが続くと損をするので、トレンドに従う方が合理的ではないだろうか。

【2008/05/08 15:19】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トレンドを見ての売買
ユーロドルが下落していたので、押し目だと思い買いを入れた。

しかし、すでに以前のユーロ高からは一変し、下落傾向が続いていた。

にもかかわらず、下落傾向を見落として押し目買いをしてしまった。

トレンドが出ているときはそれに合わせてトレードする重要性を感じさせられた。
【2008/05/08 13:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
豪ドルの動き
昨日から今日にかけて、豪ドルが下落した。

日足で見ると、上昇トレンドであり、利益確定の売りが出たようだ。

ただ、ドルやユーロも対円で下落していることから、ドルやユーロの買い戻しを確認してから買いたい。
【2008/05/08 09:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。